フリーダムを目指すフリースタイルなブログです。

エトセトランダム

投資

【読書】世界最強の投資家バフェットの教訓 メアリー バフェット,デビッド クラーク (著)

投稿日:

こんにちは、アカツキ・ナナナです。

今日ご紹介するのは「世界最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵」です。

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

  • 作者: メアリーバフェット,デビッドクラーク,Mary Buffett,David Clark,峯村利哉
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/01/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (32件) を見る

この本は私が投資の世界に入るきっかけとなった本です。

バフェットとは誰?

バフェット(敬称略)は本名をウォーレン・バフェットと言います。

彼はバークシャー・ハサウェイという企業の会長兼CEOを務めており、
この会社は持株会社で様々な企業の株式を保有しています。

その資産額はフォーブス誌の世界長者番付1位になったこともあり、今でもトップ10の中にいます。

2018年では約840億ドル(約9兆2700億円)もの資産を持っています。

その類稀な才能から「オマハの賢人」と呼ばれることもあり、投資の世界で知らない人はいないと言えるでしょう。

この本の特徴

この「バフェットの教訓」は主に投資の指南書ですが、ビジネスや人生の教訓をまとめたような本でもあります。

バフェットが発した言葉を元にさらに詳細な説明を記しています。

その中でも気に入っているバフェットの教訓を抜き出しました。

バフェットの教訓

リッチになる方法と、リッチでいつづける方法

トラブルから抜け出すよりも、トラブルを避けるほうが簡単だ。

これは予防の考え方ですね。いったん病気になって治るよりも、うがいや手洗い、予防接種などで予防することの方が良いということです。

信望を得るには二十年かかり、信望を失うには五分とかからない。

たった一言の失言で大炎上してしまう場面はよく見ます。
そこから信用を回復するのは並大抵のことではありません。気を引き締めていこうと思います。

株はビジネスの細片とみなすべきだ。

株式投資といえば、すぐに結果が出る株式トレードが取り上げられることが多いです。
しかし、根本的なところは企業が持つビジネスモデルと生み出す利益が株を支えているとみなすのがバフェットの考え方でしょう。

ビジネスの覚悟

永遠に続かないものには、必ず終わりが訪れる。

例えば、人がものを食べることは必須です。それに関わるビジネスは終わらないでしょう。
しかし、ゲームは流行り廃りがあるので、いずれかの時点で終わります。
中長期投資をするのであれば、食事に関するビジネスのほうが良いということだと思います。

いくら金を持っていても、愛情や健康を買うことはできない。

これはそのままですね。愛も健康も買えるものなら買いたいです。
しかし、買うことは出来ないのです。

損をしたのと同じ方法で金を取り戻す必要はない。

例えば、競馬やパチンコで負けても、無理にそれらで取り返そうとしないほうがいいです。
冷静に落ち着くまで時間を起きましょう。それから行動しても遅くはありません。

学ぶとは何か

偉大な投資家に必要な数学は、足し算、引き算、掛け算、割り算の計算力と、百分比や確率をすばやくはじき出す能力だけだ。

ここが投資の面白い所だと思います。難しい計算式を使わずとも投資を行うことは出来ます。
私の経験からいってもそれなりの結果を出すことは可能です。

人は経験から学ぼうとするが、他人の経験から学べるならそれに越したことはない。

人の失敗談ですね。成功に法則はありませんが、失敗には明確な理由があります。
それを学んでおこうということです。

あなたが避けるべき人々

髪を切りたいなら、床屋のところへは行くな。

この教訓は一見矛盾しているようにみえます。
これは例えばコンサルタントの話を聞きに行くと、無理矢理にでも問題を作り上げ、解決する方法を勧めてくるでしょう。
なぜなら、その問題を解決することが、そのコンサルタントに利益をもたらすからです。

規律正しさ、思慮深さ、忍耐強さ

頭を回転させて考えを整理したいとき、文字にしてみることほど効果的な方法はない。

これもそのままですね。頭の中では考えがまとまっているように見えても、実際に文章にするとモレやヌケが見つかることはよくあります。

人間は一生を通じて、自分のサービスを誰かに売りつづける。

これはサラリーマンに関わらず、主婦(主夫)であれ学生であれ無職でさえあっても、何らかのサービスを行っているということですね。

他人が強欲なときに臆病になり、他人が臆病なときに強欲になる。

超好景気の中でこそ慎重に動き、大恐慌などの暴落時にこそ最高の投資機会がやってきます。

売り時と去り時

穴にはまっていると気づいたとき、いちばん大切なのは、掘るのをやめることだ。

株式投資をしているとどうにも調子が悪くてにっちもさっちも行かないことがあります。
これを抜け出すにはあがくのではなく適切な損切りをすることだと思います。

ほとんどの人はみんなが注目している株に注目する。しかし、注目すべきは誰にも注目されていない株だ。

つまりバリュー株投資のことです。
バリュー株投資は上手にビジネスを展開しファンダメンタルズも良好ですが、
派手な企業の影にかくれてしまっている株を買うことです。

リスクは、自分の行動に対する無知から生じる。

投資においてリスクとは、危険を意味するのではなく、結果が不確実なことを言います。
投資先のビジネスをきちんと理解すれば、結果の不確実性は減らせることでしょう。

注意すべきあやまち

ミスを犯さない人には意思決定などできない。

何か行動を起こせば必ず結果は出てきます。それが成功失敗であれ。
ただ、なんら行動すら起こさずにいれば失敗はしませんが、いずれどうしようもなくなるということだと思います。

あなたの能力範囲

能力の範囲内に投資先が見つからないとき、われわれは範囲を広げない。われわれは待つ。

勉強などによって能力の範囲を広げようとするのが普通かと思います。
しかし、こういう方針もあるのかと目からウロコでした。

株式市場の愚かさを利用せよ

株式市場は見逃し三振がない野球に似ている。すべての球をスイングする必要はない。狙い球が来るまでいくらでもストライクを見逃すことができるのだ。

バフェットは片っ端からスイングすることはせず、ホームランのみを狙うことで成果をあげてきました。
これは人生でも同様だと思います。片っ端から打とうとはせずとも良いのです。

われわれが歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。

バブルとその崩壊はいつ何時でも起こります。そして喉を過ぎれば熱さを忘れるというように、何度も似たような状況に出くわすでしょう。そしてそれはチャンスなのです。

どれだけ才能があろうと、どれだけ努力しようと、成就までに一定の時間を必要とする事柄が存在する。早く子供が欲しいからといって九人の女性を妊娠させても、一ヵ月で赤ん坊は生まれてこないのだ。

これは特にお気に入りです。ビジネスにおける利益も一ヵ月二ヵ月程度では大きく出来ないでしょう。
しかし、長期的にみれば利益を得ることも、それによって株価が上がることも見込めます。

今日の投資家に利益をもたらすのは、昨日の成長ではない。

財務帳票はあくまで過去どのような結果であったかを示すものにすぎません。
これから利益を生み出すのは今のビジネスモデルからです。

終わりに

これらの教訓はかなり厳選しました。この一覧以外にも素晴らしい教訓はたくさん載っています。

もし今から投資をしてみようと考えていたら是非読んでみてください。

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

  • 作者: メアリーバフェット,デビッドクラーク,Mary Buffett,David Clark,峯村利哉
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/01/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (32件) を見る

ではでは。

-投資
-, ,

Copyright© エトセトランダム , 2018 All Rights Reserved.