投資

優れた資産管理アプリ、その名はマネーフォワードME!

投稿日:

こんにちは、ナナナです。

現在投資をしているけれども、自分がどの程度の資産を持っているか大雑把にしか把握していない。もしくはExcelなどを利用して把握しているけど面倒です。

この作業を楽にしたい。

こんなお悩みにお答えします。

結論としては、マネーフォワードMEに登録し、グループ機能を利用して楽に資産管理をしましょう

優れた資産管理アプリ、マネーフォワードMEとは?

マネーフォワードME(以下マネーフォワード)は、家計簿・資産管理アプリです。このアプリはWebサイトやiPhone、Androidから見ることが出来ます。

家計簿としても利用できるのですが、今回紹介するのは資産管理のことについてです。

マネーフォワードには銀行や証券、FX、仮想通貨、クレジットカードなど、様々な金融サービスの登録することが出来ます。この登録した金融サービスから自動的に情報を収集して、家計簿を自動生成したり、資産の内訳や推移を表示します。

この資産の内訳や推移の表示が、とても便利なのです。

 

総資産の内訳・推移のグラフ表示で、楽に資産管理する

マネーフォワードでは資産構成は以下のように表示します。

なお、画像はアプリ版のものです。Webページ版だともっと広々と見ることが出来ます。

ぱっと見ただけで自分の総資産額とその構成が分かりますね。

預金・現金・仮想通貨の欄を選択すると、詳細な内容が表示されます。

続いて総資産の推移を見ると、以下のように表示されます。

とても流れが分かりやすいです。

総資産の推移の分類にも内訳があります。

これは預金・現金・仮想通貨の内訳です。

今すぐに総資産を知りたいという時にとても把握しやすいです。

↓の方にはさらに便利な利用方法を説明しています。

 

マネーフォワードは家計簿の機能もありますが・・・

マネーフォワードは家計簿の機能もあります。でも使っても使わなくてもいいんじゃないかなと思います。

家計簿はこんな感じで表示されます。現金以外のカードや電子マネーなどを普段利用していれば、手動の入力無しでグラフと分類を自動生成します。

マネーフォワード以外には、zaimやMoneytreeという家計簿アプリがあります。

家計簿の機能に関しては、3つとも試してみてどれを利用するのか判断するのが良いと思います。

私は最初zaimを利用していたのですが、アプリのバージョンアップによって操作が使いにくくなってしまいました。そのため、マネーフォワードに変更しました。

zaimやMoneytreeがもつ機能を見る限り、資産管理についてはマネーフォワード1択です。

 

マネーフォワードに金融サービスを登録するのが不安ですか?

マネーフォワードに各種金融サービスの情報を登録するのは、不安を感じる方もいるかも知れません。

マネーフォワードに登録する情報は、必要なデータを閲覧するIDとパスワードだけです。取引パスワードやワンタイムパスワードなど、口座の操作に関するパスワードは利用しません。

他に実施されているセキュリティ対策は、預かるデータの暗号化や、金融機関のシステム構築に携わったプロが運用するなどがあります。お金の情報を扱うため、セキュリティにはとても気を配っています。なので極端に恐れる必要はないと思います。

マネーフォワードに限らず、zaimやMoneytreeも同様に、高度なセキュリティ体制でサービスを運営されています。

 

マネーフォワードやzaim、Moneytreeの料金プランは?

マネーフォワードやzaim、Moneytreeのアプリは、無料から利用出来ます。

ただし機能を完全に使うためには、お金を払う必要があります。

マネーフォワードは、プレミアム会員で毎月500円です。

zaimは、プレミアム会員で毎月300円です。

MoneytreeではPlus版が毎月600円(年額割引あり)、Pro版が毎月960円(年額割引あり)です。
※Moneytreeは経費精算や法人での利用だと課金するといいようです。個人の家計簿としての利用なら、課金しなくても使えそうです。

今回紹介するマネーフォワードを利用した資産管理の方法は、プレミアム会員であることが必須です。

アプリで資産管理を行えば、貴重な時間の節約になります。なのでサクッと払ってしまいましょう。

 

マネーフォワードに登録するのは早いほうが良い

マネーフォワードの資産管理の推移グラフは、毎日の記録を取ることで作成されています。

各種口座から集計した金額は、その日の分しか把握できません。

そのためマネーフォワードに登録後、一週間くらいだと推移グラフとして役に立ちません

何ヶ月何年も集計し続けることで、推移グラフが価値を持ちます。

なので、資産管理を始めるなら今すぐに、マネーフォワードに登録しましょう

 

ここまでのまとめ

  • マネーフォワードに登録して楽に資産管理をしよう。
  • 家計簿はzaimやMoneytreeも検討してみる。
  • 口座の連携に必要なIDやパスワードを入力するのは、不安かも知れません。
    ですが、高度なセキュリティ体制で運用していますので、安心してご利用ください。
  • 3つの家計簿アプリは基本無料ですが、有料にすることで利用できる機能が増えます。
    この機能が資産管理の時間の短縮になるので課金しましょう。
  • 資産推移グラフの価値は、マネーフォワードに早く登録することで生まれます。

 

マネーフォワード使って上手に資産管理しよう

せっかくマネーフォワードを使うなら、上手に使いたいですよね?

ここではマネーフォワードにあるグループという機能を利用した、私の資産管理方法を紹介します。

何も設定していなければ普段使いの給与口座や投資をする口座など、用途の異なる口座が混ざった状態になります。

ですが、グループという機能を利用すると、登録した全ての口座の中から特定の口座のみを選択して集計できます。

これはグループ選択画面です。

生活グループの口座を選択する画面です。チェックしたものだけが生活グループの口座として扱われます。

 

生活資金と純資産を分けて管理する

話は少し変わりますが、資産運用は余裕資金で行いましょうという話を耳にしませんか?

その余裕資金を生活資金から完全に分離して管理する方法です。

生活グループには、給与口座やクレジットカード、ポイントカードなどの口座を設定します。

余裕資産(以下、純資産)グループには、総合証券やFX、仮想通貨などの口座を設定します。

以下、生活グループです。

生活グループの内訳です。

生活グループの推移です。

 

以下、純資産グループです。

純資産グループの内訳です。

純資産グループの推移です。

このように生活資金と余裕資金(純資産)をそれぞれ分けて把握できます。

 

株式口座とFX口座と仮想通貨口座を分けて管理する

さらに口座を種類別に分けてみます。

以下、株式口座の内訳と推移です。

株式口座の内訳です。

株式口座の推移です。

 

以下、FX口座の内訳と推移です。

FX口座の内訳です。

FX口座の推移です。

 

以下、仮想通貨口座の内訳と推移です。

仮想通貨口座の内訳です。

仮想通貨口座の推移です。

このように何の金融商品の資産がどの程度あり、どのように推移してきたのかを簡単に把握できます。

 

本業収入と副業収入を分けて管理する

これは今思いついたアイデアです。

本業用の給与口座と副業用の給与口座を別にして、各々グループを作成します。

これで本業と副業の資金がどの程度差があり、どのように推移してきたのかを一瞬で把握できます。

お金が増えていくのは見ているだけで楽しいでしょう。

これは仕事に対するモチベーションを高める効果があると思います。

 

まとめ

  • マネーフォワードに登録して、楽に資産管理をしましょう。
  • 口座と連携するのに必要な情報の入力については、高度なセキュリティ対策を行っているので安心してください。
  • サービスは無料でも出来ますが、時間の節約になるので課金しましょう。
  • マネーフォワードのグループという機能を使って上手に資産管理しましょう。
    • 生活資金と純資産を分けて管理します。
    • 金融商品別に口座を分けて管理します。
    • 本業収入と副業収入を分けて管理します。
  • マネーフォワードは早く登録しましょう。早いほど資産推移グラフの価値がでてきます。

 

さあ、マネーフォワードMEへ登録しましょう!

 

それでは、上手な資産管理ができますように。

ではでは。

-投資
-,

Copyright© えとせとらんだむ , 2019 All Rights Reserved.