投資

30代独身は投資のチャンス。積極的に行動してハイリターンを目指そう!

投稿日:

こんにちは、ナナナです。

これまで働いてきて、あっという間に30代になった。貯金もいくらか増えている。今はまだパートナーはいないけれども、家庭を持つようになれば相応のお金が必要になってくる。

お金を増やす投資方法として株式投資やFX、仮想通貨、投資信託、不動産投資、金・銀など聞いたことはある。けれど、どうすればいいのか分からない。

そんな疑問にお答えします。

結論としては、大きな安定資産を持ちつつ、少額でハイリスク・ハイリターン投資をして投資の経験値をがんがん上げましょう。

 

まず今ある貯金はいくらですか?

自分の総資産を把握しましょう。

30代の平均貯蓄額は395万円になります。1

貯金が約400万円あれば資産運用には十分です。

100万だと心もとない感じで、200万あればいくらか投資に回せるでしょう。

以降、貯金は少し低めの300万円くらいあると仮定して話を進めます。

 

生活防衛資金を作りましょう。

生活防衛資金とは、何か突然出費が必要になったときに出すお金です。

たとえば、事故や怪我による医療費、転職・退職したあとの生活費、冠婚葬祭費など突然必要になる出費です。

生活防衛資金という言葉を調べると月収の6ヶ月だとか1年分だとか出てきますが、30代独身であれば最低3ヶ月分の月収があればいいと思います。

30代独身のサラリーマンだと、今の会社が毎月どの程度給与を出してくれるか分かるので、最低限でいいでしょう。

もし自営業であれば収入は不安定だと思うので、もっと多くの資金を貯めたら良いです。

最低3ヶ月分としていますが不安であれば、より多く資金を生活防衛資金として扱えばいいです。

多くて1年分くらいあればいいかなと思います。

つまり、何らかの事情ができて金銭的にどうしようもなくなったとしても、これだけお金があればなんとかなる。そう思える金額を設定することが大切です。

なお、この資金は手をつけづらいように、別の銀行もしくは証券会社の口座に貯金することをおすすめします。

ここでは300万円のうち手取り20万と考えて、その3ヶ月分の60万円を生活防衛資金とします。

 

貯金を投資する「割合」を検討する

残った240万円について扱いを考えます。

 

投資の種類を知ること

ところで、あなたは投資と聞いたら何を思い浮かべますか?

人によって様々だと思いますが、株式投資やFX、仮想通貨、投資信託、不動産投資、金・銀などの商品をいくつか思い浮かぶでしょう。

その中でも少々知っているからと言って、その商品に投資しても確実に失敗します。減った分を取り戻すのは容易ではありません。

まずどんな金融商品があるかどうかを知っている必要があります。

リスクとリターンの関係で分類すると、ざっと以下のような感じです。

 

ローリスク・ローリターン

  • 貯蓄預金
  • 債権(国債、社債)
  • MRF2

 

ミドルリスク・ミドルリターン

  • 金・銀などの現物がある商品
  • 投資信託(インデックスファンド)

 

ハイリスク・ハイリターン

  • 株式投資
  • FX
  • 仮想通貨
  • 不動産投資
  • 投資信託(アクティブファンド)

 

投資先の割合はどうする?

240万円の内、8割の192万円は安定資産に回します。

1割、24万円はハイリスク・ハイリターン投資として運用します。

残りの1割、24万円は運用資産の予備資金として現金のまま残します。

30代独身であれば、この1割のハイリスク・ハイリターン投資を行うことをおすすめします。たとえ失敗したとしても、1割であれば取り戻せる範囲であるからです。

なぜなら、これまで貯金を積み上げてきた習慣があることやこの先も収入から貯金できるからです。

もしパートナーいてもハイリスク・ハイリターン投資は出来ます。

しかし、この記事で説明している割合よりもさらに少ない割合で行うべきです。

共働きであれば大きく貯金できるのでもっと行いやすいのではないかと思われるかも知れません。ですが、貯金額が大きければ、ハイリスク・ハイリターン投資に回す金額も大きくなってしまいます。

初めてであれば大きすぎる金額に、振り回されてしまいます。

この場合だと割合ではなく30万円までといった、固定で金額を決めて運用するとよいでしょう。

 

割合の話に戻ります。

240万円の内、8割の安定資産は192万円、1割のハイリスク資産は24万円、1割の予備資金は同じく24万円です。

これらの割合をさらに具体的に考えていきます。

 

まずは安定資産から

安定資産の192万円は、投資信託のインデックスファンドに投資します。

 

投資信託とは

投資信託というのは、たくさんの人々から集めたお金を、プロが資産運用してくれる金融商品です。

資産運用のプロは、集めたお金を国内外の株式や債権などに分散して投資します。

例えば、ソニー、パナソニック、トヨタ自動車、NTTなどに分散します。

自分で個別株投資をする場合では、一つずつ購入することになりますが、もしその会社が潰れれば株価は0円になります。

多数の会社に分散して投資すれば全てが同時に0円になることはありえません。

 

インデックスファンドとは

そしてインデックスファンドというのは、特定の指標に合わせた値動きをする投資信託のことです。

指標というのは日経平均株価やTOPIX、ダウ平均株価、ナスダック株価などのことです。

例えば日経平均株価が増減すると、インデックスファンドも合わせて増減します。

インデックスファンドとは別にアクティブファンドというものがあります。

こちらも資産運用のプロが投資先を選別して投資します。

違いは日経平均株価のような指標よりも、高いリターンを目指して資金を運用する投資信託です。

ですが、このアクティブファンドはインデックスファンドにリターンで負けてしまうのです。

プロが選別して運用しているからリターンは大きそうだと思ってしまいますが、実際には違います。

たしかに短期間でみればインデックスファンドを超えるリターンを出すアクティブファンドはあります。

しかし、5年10年と長い目で見ると70~80%ほどのアクティブファンドが、インデックスファンドに負けているという結果がでているのです。

ですので、安定資産は投資信託のインデックスファンドに投資します。

 

インデックスファンドを選ぶ

インデックスファンドの中にも色々な種類があります。

対象としては日経平均やTOPIX、国内・国外株式、国内・国外債券、不動産など様々です。

投資範囲も日本国内や海外先進国、海外新興国、全世界などの種類があります。

インデックスファンドの投資方法については、ここは扱うには長過ぎるので説明を省略します。

本題はここではありません。別記事として扱う予定です。

素早く知りたければ「お金は寝かせて増やしなさい」を読むといいです。

こちらの本で詳しく説明しています。

 

★ハイリスク・ハイリターン投資について

ここがこの記事のメインとなります。ようやくたどり着きました。

運用資産の1割、24万円がハイリスク・ハイリターン投資の資金となります。

資産のほとんどは前述のインデックスファンドに投資していれば問題はありません。

ただ、インデックスファンド投資はいざ始めてしまうと非常にヒマなんです。

何しろ資産運用のプロにほとんど任せてしまうからです。

そのヒマな時間をビジネススキル向上や副業、趣味に向けてもいいと思います。

ただ、せっかく投資しているのであれば、投資スキルそのものを向上してみませんか?

先程申したように、投資には投資信託以外にも株式投資やFX、仮想通貨、不動産投資、金・銀など様々な種類の商品があります。

投資手法でもスキャルピング3やデイトレード4、スイングトレード5、中長期トレード(投資)6があります。

そのなかで自分に合っている投資を探してみましょう。それが投資のスキルアップに繋がります。ピッタリはまれば大きなリターンを得られます。

例えばFXでスキャルピングやデイトレード辺りを行い、いい具合にリターンをあげられる「かもしれません」。

2017年12月辺りで仮想通貨がすごい盛り上がりを見せていました。その上昇に乗ることも出来た「かもしれません」。

今、金融×ITのFinTechによって金融サービスは大きく変化しています。その変化に追うことで資産を増やせる「かもしれません」。

「かもしれない」という可能性の話にはなります。ですが、試してみてうまく行かなければ、そこで辞めて別のことに挑戦しましょう。その間にも投資の経験値はぐんぐん上がっていきます。

ここで大切なのは「引き際を誤らないこと」です。

株式投資の信用取引7やFXのレバレッジ8を掛けすぎたトレードは、危険なので辞めましょう。

あくまで運用資産の1割のみ。もしくは0円になってもいいと思える分だけの資金で行いましょう。

ポイント

この少額で行うハイリスク・ハイリターン投資のメリットとして、経済ニュースに関心を持ちやすくなったり、必要な情報を自分から探しに行くようになります。

先程のインデックスファンド投資はあまりにヒマなので、経済ニュースや情報に疎くなりがちなのです。

これが少額でハイリスク・ハイリターン投資をおすすめする理由です。

 

参考

ちなみに私は過去に株式投資のデイトレードと、FXのスキャルピング・デイトレードを、それぞれ4ヶ月ほど試してみました。今の所うまく行きそうにないと判断して、その手法は辞めています。

また、仮想通貨はこれから再燃するかも知れないので、少量ですが保有しています。

ロボアドバイザーのウェルスナビにも投資しています。

新しい金融商品があれば少額でも投資できるよう、資産の一部を残しています。

 

最後に予備資金について

予備資金は残りの1割、24万円です。

予備資金を用意しておくのは、ハイリスク・ハイリターン投資がピンチの際に利用するお金です。

例えば、株式投資の信用取引やFXのレバレッジをかけた取引で、極端な下落が起きて証拠金が必要になった場合に利用します。

いくらかの証拠金を追加することで事態を収められると思えば、心にゆとりを持てます。

もし巨額の証拠金が必要になった場合は、安定資産を売却してでも証拠金を追加しましょう。

予備資金はあくまで心にゆとりを持つことを目的とする資金です。

なお、生活防衛資金とは完全に別と捉えてください。一緒にしてはいけません。

予備資金の口座も別に作りましょう。

 

まとめ

ポイント

  • 自分の貯蓄額を把握しましょう。
  • そのうち生活防衛資金を分けます。
  • 残りの資金の割合は8:1:1。
  • 8割はインデックスファンドに投資します。
  • 1割はハイリスク・ハイリターン投資を行います。
  • 1割は予備資金として扱います。
  • そして、ハイリスク・ハイリターン投資で、投資の経験値をぐんぐん伸ばしましょう。

それでは良い投資を!

ではでは。

  1. 統計情報元はこちら(2016年度のデータ)
  2. 証券会社の通常預金のようなもの
  3. 分単位のトレード
  4. 1日単位のトレード
  5. 週単位でのトレード
  6. 月・年単位でのトレード(投資)
  7. 利用する資金を担保として約3倍の資金扱える取引のこと。
  8. 利用する資金を担保として25倍の資金を扱える取引のこと。

-投資
-

Copyright© えとせとらんだむ , 2019 All Rights Reserved.